新着情報

川口緑化センター・周辺2012緑花歳時記 8月号

川口緑化センター・周辺2012緑花歳時記

8月
*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*:;;;:;;;*♥*♥*:
■8月緑化センター安行周辺植物
○フヨウ
 夏の終わりを感じさせ、季節の変わり目を暗示させる庶民的な花で、庭の片隅に植えても、明るい日差しの中、見事なまでの花が時期になれば開花する花です。一つの花は一日でしぼんでしまいますが、次から次と花を咲かせます。貴重な盛夏の花でもあります。
落葉広葉低木で陽光の地を好み土地はえらびません。
フヨウの品種の中で、短命のうちに彩を変えるスイフヨウは、花は八重で、花の色は朝咲はじめた時は白色ですが、時間が経つにつれてだんだん変色していき、午後には淡紅色、夕方から夜にかけて紅色に変わります。また、大輪の花を咲かせるアメリカフヨウがあります。

花期 8月~10月



○シュウカイドウ
 残暑の厳しい立秋の頃から枝先にピンク色をした可憐な花を少し垂れ気味に開いて、夏枯れの庭にいち速く秋の訪れを優しく告げてくれます。この植物は、よく木陰や泉水、手洗鉢、古井戸のまわりなどに植えられますが、陰湿な感じはなく、むしろ独特な葉形・草姿に咲く花は慎ましいあでやかさを秘めているため、庭の下草や切花として愛されてきた馴染み深い植物です。栽培は、半日陰で、適当な水分のある場所での生育がよいようです。シュウカイドウは耐寒性が強く、地植えで育てられるベコニアの種類です。冬は茎葉が枯れて地下の塊根の状態で越します。

花期 7月~10月



○リョウブ
 特に整った樹形ではないが、全体に野趣を帯びて山野の雰囲気を醸し出しています。幹はサルスベリやシャラなどと同様に美しいです。茶褐色の樹皮が薄片になってはがれ落ち、きれいな斑模様になるのが特徴です。夏に長く白い総状の花が咲き、花の少ない真夏に咲くので屋外でも目立ち、庭木としても人気があります。また紅葉は、秋の日差しを浴びて雑木林の中で印象的です。利用、配置としては、雑木林風植栽に点在させるとよいです。一般に土地を選ばないようです。

花期 7月~8月



○フサフジウツギ(ブッドレア)
 一般にブッドレアの名で植えられています。花の色が白、紅、淡紫紅色など、この仲間には多くの品種があって、色とりどりのみごとな花を咲かせます。これは中国の原産種ですが、日本には淡い花色のフジウツギが自生しています。 株もとからよく分枝し、葉の裏面が普通白色を帯びます。大きく、思いきり広げた樹冠の枝先に穂状になってフジの花にも似た形で咲くのでこの名があり、芳香のある花を密につけます。洋風の庭園によく似合うものです。樹形が乱れますので、定期的な剪定が必要になります。

花期 7月~9月



※ 開花時期は予想です。天候により前後することがあります。

*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*:;;;:;;;*♥*♥*: