新着情報

川口緑化センター・周辺2012緑花歳時記 3月号

川口緑化センター・周辺2012緑花歳時記

*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*:;;;:;;;*♥*♥*:
■3月緑化センター安行周辺植物
○サンシュユ
 春、まだ新葉が開く前に花を咲かせ、冬枯れの木を黄金色に一変させます。中国から薬用植物として渡米しましたが、今ではその花を楽しむため庭木や公園樹にされています。花は枝先に丸く集まって咲きます。ハルコガネバナ、アキサンゴといった美しい一名もあります。
秋には赤く熟した果実が楽しめます。
花期 3月~4月



○コブシ
 山野の春を彩る代表的な花木です。まだ、葉が開く前の枝いっぱいに、芳香のある白い花を咲かせます。北国ではこの花が農作業を始める目安になっているそうです。花の見事さから庭木や公園樹、街路樹にも利用されています。10月頃に熟すと赤い種子を吊り下げます。名前は、この果実が握りこぶしに見立てたものだそうです。
花期 3月~4月



○トサミズキ
名前のとおり高知県に自生します。早春、あわい黄色の花を咲かせます。ロウバイやマンサクよりやや遅く咲き、本格的な春の季節の始まりをつげます。若葉に先駆けて咲き、小さい黄色い花が7~8個集まって枝から垂れ下がります。
早春の花木として、庭、公園などに植栽され、切り花用としても利用されます。
花期 3月~4月



○ヒサカキ
名前はサカキに似て、それよりも小さい意味の「姫榊」が訛ったものです。関東地方ではサカキの代わりに神事に使われます。
花は、雄花、雌花を下向きに咲かせます。花には臭いがあります。萌芽力は強く、刈り込みに耐え、日陰地でも生育するため、生垣や植込みに適しております。
花期 3月~4月


※ 開花時期は予想です。天候により前後することがあります。
*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*:;;;:;;;*♥*♥*: