新着情報

川口緑化センター・周辺2011緑花歳時記 11月号

川口緑化センター・周辺2011緑花歳時記

11月
*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*:;;;:;;;*♥*♥*:
■11月緑化センター安行周辺植物
○ヤツデ
 あたかも熱帯の樹木の観葉植物を見ているようでエキゾチックな印象を与える。
葉柄が極端に長い天狗のウチワのような葉がでる。
白い花が豪快に咲き、濃い緑色の葉をバックによく目立つ。

花期 11月



○ヒイラギ
 葉は光沢ある濃緑色で、葉の先端が刺状になる。芳香のある小さな花を付ける。雌雄異株。古来より魔よけなどに使われてきた葉は、何らかの力があると考えられてきました。古木となるにつれて角のとれた丸い葉に変化してしまいます。
古くから神社仏閣の建物の近くに植栽し利用されてきたものが多い。

花期 11月~12月



○シロダモ
 シロダモは、力強い野性的印象を与える木である。大きく枝葉を広げ与えられた隙間のなかで自由奔放に生育する。クスノキの葉を大きくして白い葉脈をつけたような葉は、裏側が白い毛で覆われていて、風にひるがえって日差しを受けると銀色に輝いて美しい。
秋に咲く花は小さく目立たないが枝に沿ってびっしりと咲きます。 赤い実は鮮やかでよく目立つ。 

花期  11月



○カンツバキ
 葉はサザンカに似るが、樹形はツバキに近く、よくまとまった姿となる。花は紅色の八重の華やかなものが咲き、深い緑を背景として花弁がよく映えて目立つ。葉の大きさが比較的手ごろで、刈り込み後の仕上がり面が均一で、玉物、高垣、大刈込みなどに利用されることが多い。
立枝性のものを「たちかん」といい、生垣用、花木として利用大である。関西地方で多く利用される這性のものは「獅子頭」と呼ばれています。
花期 11月~12月



※ 開花時期は予想です。天候により前後することがあります。
*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*:;;;:;;;*♥*♥*: