新着情報

川口緑化センター・周辺2011緑花歳時記 5月号

川口緑化センター・周辺2011緑花歳時記

5月
*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*:;;;:;;;*♥*♥*:
■5月緑化センター安行周辺植物
○エゴノキ
 武蔵野の雑木林を構成する代表的な樹木として、よく知られています。白色花や、近年では美しいピンク色の花色の品種もあります。
実の皮にはエゴサポニンが含まれており、新鮮な実をつぶして洗濯石けんとして使え、魚に対する麻酔効果もあります。

花期 5月上旬~5月下旬



○西洋シャクナゲ
 葉の上に漏斗状(ろうとじょう)の花をまとめてつけます。花色は赤、桃、紫、黄色、白と多彩で、「ツツジ属の女王」といわれてます。
日本に自生するシャクナゲはヤクシマシャクナゲ、アズマシャクナゲ、ハクサンシャクナゲ、ホソバシャクナゲなどが代表種です。
欧米から輸入された園芸品種はセイヨウシャクナゲと呼びます。

花期 5月上旬~6月上旬




○カルミア
アメリカシャクナゲと呼ばれます。「金平糖のような花」とたとえられるカルミアは、花が房のようにまとまって咲くので、ツツジ類とはずいぶん異なる印象を受けます。
アメリカ合衆国では広く親しまれている花です。

花期 5月~6月



○ヤマボウシ
 ハナミズキと同じ仲間で、ほんとうの花は中心部にあり、外側に4枚の苞(ほう)が、花弁のように見えます。
果実は、球形で、秋には赤く熟し、食用に利用されることもあります。
秋には、紅葉を楽しむこともできます。

花期 5月~7月



※ 開花時期は予想です。天候により前後することがあります。
*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥*:;;;:;;;*♥*♥*: